びっくりしている女性

どんな症状があるか

一時的な不眠症は誰にでも起こりうるが、この境目に個人差があるので、病気にかかっていることになかなか気づけずに改善が遅くなってしまう人がいる。潜在的な患者数が多いこの病気は、症状に気づくことが大事である。

Read More

原因を考える

一般的に、不眠症は交感神経が賦活化する精神的生理性不眠が原因のものが多かった。不眠には四つの睡眠障害があるが、この症状を知ることで、改善に繋げることができる。一方、現代型の不眠もあり、治療方法も異なってくる。

Read More

様々な治療

不眠症を改善するためには、医療的な治療を行なう場合と、生活習慣を見直す方法がある。睡眠薬を使ったり精神療法をするのは医療で、寝具に工夫をするのは患者自身ができる治療方法である。

Read More

病気を知る

不安や緊張で眠れなくなり、翌日それが影響して眠気が昼にきてしまい、仕事中や授業中に眠ってしまうということは誰しも経験があること。
そんなときには前日はよく眠るようにしようと反省する。
しかし、どんなに寝ていたとしても、日中の眠気が改善できないという人もいる。
近年は、不眠症の人が日本人の五人に一人の割合でいるという。
不眠症を改善するために規則正しく眠っていたとしても、なかなか状況が改善しないという人は、実は睡眠時無呼吸症候群であることも多い。
寝ている時間は自分の状態はなかなか把握することができないので、改善方法も見いだせないこともある。
最も改善が難しくなるのは、自分で不眠症であることを把握できていないときである。

不眠症は病気である。
体がだるいということが二週間以上続いている人は、不眠症という病気を疑った方が良い。
改善のためには、自分の状態を把握し、対策方法を練ることである。
しかし、眠気が続いていることを怠け癖と判断して放置してしまえば、治る病気も改善できない。
もし周囲や家族がなかなか寝付けず、体調不良を訴えているならば、不眠症を疑い、改善のための診療を進めて欲しいものである。
不眠症は睡眠障害の一種で、他にも睡眠に関わることでの障害はいくつかある。
不眠症を改善するための診療は、内科や神経内科で行われているので、こうした医療を改善のために利用することができる。
病院にかかるときは、まず不眠症の裏に病気が隠れていないかを判断するために、就寝と起床時間を確かめるので、あらかじめそうした資料を用意しておく必要もある。